70th

機関誌「非破壊検査」

「非破壊検査」第1巻〜第3巻総目次 −詳細−

巻頭言

非破壊検査法研究会の発足に際して  木原 博 1.1.3
後継者の養成  木原 博 2.1.1
始めてγ線ラジオグラフを撮った頃  篠田軍治 2.2.37
日本の工学と工業  高木 昇 2.3.68
磁気粉末検査のむづかしさ  柴田晴彦 2.4.111
非破壊検査法の活用  多田美朝 3.1.3
弾性学と応力、歪の測定  西田正孝 3.2.53
非破壊検査法研究会の発展  手塚敬三 3.3.99
非破壊検査、破壊検査に対する憶出と希望  橋本宇一 3.4.169
応力集中と安全率  西田正孝 3.5.215

 

口  絵

非破壊検査法研究会創立総会  1.1.1
動く工業奨励館 1.2.38
X-Ray Standards for Production and Repair Welds  1.2.39
X線検査 2.2.35
分科会の盛況 2.2.36
活躍する超音波探傷器 2.3.66
溶接瓦斯容器の磁粉検査 2.3.67
ベータートロンによる仏像の透過写真 2.4.109
International Relation Committeeに出席の人々 2.4.110
600万ボルトベータートロン、近代的暗室例 3.1.2
軌条探傷車 3.2.52
現場に活躍する厚み計 3.3.98
厚さ測定に関する講演会の盛況 3.4.168
新型歪計 3.5.214

 

論  文

X線障害について 藤本慶治 1.1.5
超音波による非破壊検査 高木 昇,丹羽 登 1.1.13
米国に於ける非破壊検査試験法の現況 岩井次郎 1.1.17
我が国のX線装置の現状について 駒井喜雄 1.1.24
工業用100万ボルトX線装置について 川勝義雄 1.1.30
磁気探傷器としてのマグナフラツクス 萱島敬一 1.2.40
X線及びγ線写真 西村竜介 1.2.45
増感紙の問題 大谷信吉 1.2.52
国鉄信濃川小千谷発電所水圧鉄管のX線検査 白石隆義,田梅静一 1.2.56
レゾナンス変圧器を用いた1000KV X線発生装置 田中正道 1.2.63
抵抗線歪計取扱法 市川慎平 2.1.2
X線透過写真による欠陥検出(第1報) 仙田富男 2.1.7
X線フイルム複製法について 多田美朝 2.1.12
超音波検査法の使い分け 高木 昇,丹羽 登 2.1.15
鋳鉄管の超音波検査 G.B.Baumeister 2.1.17
透過度計の諸形式とその極限性 N.C.Miller,G.H.Tenney 2.1.19
X線並びに放射性物質(Ra,Co60)使用による
放射性障害とその防護並びに補償に就いて
樋口助弘 2.2.38
米国特許に現れた管棒等の電磁的欠陥検査法 中村林二郎 2.2.45
超音波探傷器と溶接部の検査 井元鑑二 2.2.49
超音波による溶接欠陥の調査に就いて 尾島学二,近藤敬吉 2.2.54
超音波による溶接部の探傷実験 富田真巳 2.2.57
X線並びに放射性物質(Ra,Co60)使用による
放射線障害とその防護並びに補償に就いて
樋口助弘 2.3.69
鶴見造船所X線検査場の紹介 富田圭一 2.3.75
湿式法による磁気探傷の諸条件が傷の検出に
およぼす影響について
岸本一郎 2.3.80
大井工場における超音波及び磁気探傷の概況 武内 久 2.3.83
溶接部の磁気粉末検査法について 手塚敬三,山川和郎 2.3.92
サイクログラフについて 中村林二郎 2.3.100
BetatronによるRadiographについて 浅田常三郎 2.4.112
間接撮影による軽合金のX線検査について 藤本慶治,佐野博也 2.4.122
アルミニウム合金のX線透過検査に関する一経験 蓮尾諭吉,諏訪静男 2.4.127
螢光液滲透検査法について 牧浦隆太郎 2.4.132
電気的検査について 小島公平 2.4.139
螢光像の増光法とX線テレビ 篠田軍治 3.1.4
溶接部X線写真の欠陥と機械的試験との比較 野沢辰夫,中根範夫 3.1.7
溶接部の超音波斜角探傷に就いて 有馬春男 3.1.19
磁粉検査におけるインデイケーションと
通電時間との関係
福田克雄,沢村恒夫 3.1.25
最近の非破壊検査法について カール・ガストマイヤー 3.1.29
X線透過検査における基礎資料(第1報)
透過物質によるX線の減衰
石井勇五郎,中田正也 3.2.54
X線透過写真による欠陥部の厚み測定 富士 岳 3.2.60
表面波による超音波探傷法 井元鑑二 3.2.64
軌条探傷車に於ける傷と波形との関係 中村林二郎 3.2.72
放射線写真に用いる放射性同位元素 J.Kohl 3.2.79
厚さ測定法概論 篠田軍治 3.3.100
放射線による厚さ測定 篠田軍治 3.3.104
β線背面散乱厚み計について 戸村光一 3.3.109
ベーター線厚み計 加藤正夫,武谷清昭 3.3.114
直視型超音波厚み計による板,パイプ,タンク
等の肉厚測定
高木 昇,丹羽 登 3.3.119
Audigage厚さ計について 多田美朝 3.3.127
鉄板厚み計(磁気不飽和型) 近藤正夫,伊村勇隆 3.3.132
磁気的鉄板厚み計について 木村 磐 3.3.137
磁力式膜厚計について 武井 武,杉本光男 3.3.144
電磁型メツキ厚さ測定法 久松敬弘,菅野昌義 3.3.149
X線による鍍金厚さの測定 橋本宇一,仙田富男 3.3.154
X線透過検査における基礎資料(第2報)
X線写真露出表の検討と新型式露出表について
中田正也,石井勇五郎 3.4.171
アルミニウムの超音波の減衰測定 広根徳太郎,神垣和夫 3.4.177
透過式超音波探傷法について 前橋陽一,小辰勝郎,岩崎太郎 3.4.183
円?鋼材表面肌の磁気的検査装置 大山一城 3.4.189
磁歪現象を利用する歪の測定 安積健次郎 3.4.198
溶接接手の放射性同位元素に依るγ線透過試験に就いて 伊藤五郎 3.5.216
材料試験における超音波の応用 松代正三,千潟 昭 3.5.229
箔歪計と抵抗線型歪計 石山一郎,石黒 忍 3.5.239
溶接部の超音波検査 Hans Krachter 3.5.250

 

資  料

A.S.M.E.ボイラー規則非破壊試験 A.S.M.E. 1.1.22
鋼材溶接部X線透過検査方法(原案) 日本溶接協会 1.1.28
X-Ray Standards for Production and Repair Welds 1.2.50
標準グリッド法によるX線検査 1.2.66
N.D.T.第8〜第10巻(1949〜51)目次 1.2.68
ドイツにおける増感紙技術の近況 2.1.11
独逸海軍新造艦X線検査標準 2.1.25
磁性粉末検査法に関する米軍仕様書 2.1.26
X線及γ線による溶接接手の検査規格(ドイツ) 2.1.29
磁性物質検査法による指示の判定法一例 2.2.48
自動車のタイアにも非破壊検査 2.2.56
イリジウムによる薄物の放射線透過写真 2.2.61
新国際溶接部標準透過写真集 2.2.62
文献紹 2.3.74
金属材料のX線及γ線フイルム写真の像質判定用基準(ドイツ規格) 2.3.104
文献紹介 2.4.126
非破壊検査協会第13回年次大会プログラム 2.4.144
非破壊検査協会第13回年次大会における日本代表の講演内容 2.4.146
放射性物質による障害予防勧告 3.1.39
文献紹介 3.2.63
航空発動機部品の磁気粉末検査(J.I.S.) 3.2.85
ガイガー・ミユラー計数管及び工業に於けるその用途 3.3.158
磁粉検査法による鋼の清浄度の格付け 3.4.203

 

新製品紹介

 
Radioflex-180携帯式工業用X線装置
EX-175型携帯式工業用X線装置
2.2.63
HR型磁気探傷器について 2.3.106
極光の工業用増感紙 2.4.150
独逸ザイフエルト社製携帯式歪検査用X線装置「エレスコープ」 3.2.93
精密鉄板厚さ計,各種膜厚計,膜厚測定器「エルコメーター」
「ベータ・ミクロン」,科研磁力式膜厚計(精密型),鋼板厚み計
(磁気不飽和型),ポケツト型膜厚計
3.3.162
非接着型ワイヤーストレーンゲージ(新興Uゲージ)〔非接着型ゲージについて〕
KETT電磁微厚計,共振式超音波厚み計「ソニゾン」
3.4.207
ケツト電磁微厚計〔新型〕 3.5.255

     
1か月半年年間

<<2022年08月>>

    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • 6
    • 7
    • 8
    • 9
    • 10
    • 11
    • 12
    • 13
    • 14
    • 15
    • 16
    • 17
    • 18
    • 19
    • 20
    • 21
    • 22
    • 23
    • 24
    • 25
    • 26
    • 27
    • 28
    • 29
    • 30
    • 31
1か月半年年間

<<2022年07月~2022年12月>>

1か月半年年間