一般社団法人

日本非破壊検査協会

The Japanese Society for Non-Destructive Inspection

ホーム > 非破壊試験技術者の資格証明書とは

資格試験

非破壊試験技術者の資格証明書とは

非破壊試験技術者の資格証明書とは免許証ではありません。
『免許証』とは政府および官公庁が発行する許可証を主に指します。(例 運転免許、医師免許等)
これに対し当協会で発行している資格証明書は、『適格性証明書』に相当します。※1
当協会で発行している資格証明書はNDT方法※2ごとにレベル1、2、3と技術レベルに応じて3段階に区分けしてあり、1→2→3と数字が大きくなるほど該当NDT方法に対する技術レベルが高くなります。それぞれのレベルに対応する技術(試験内容として課している)項目を下段に記します。ただし、前述でも説明しましたが当協会の資格証明書は免許証ではありませんので、資格証明書を所有していることで、該当の仕事をしても良い、してはいけないということではありません。業務を行うにあたって資格証明書が必要か否かは、顧客との契約や都道府県等の施工条例や他の規則等に従うことになります。仕事を受注される際は各自にて発注先に確認を行ってください。なお、当協会の資格証明書を引用されている団体等について、協会で把握しているものを一覧にしてあります。このページを参照してください。(これ以外にも協会の資格証明書を引用されている団体等はあると思われます。)

※1 適格性証明書:認証機関が発行する文章であり、記名された者の技術(技能)が、特定の規格類(JIS Z 2305:2001,NDIS 0604,NDIS 0605)に基づく適格性を持っていることについて、十分に信頼できることを示す文章。
※2 限定NDT方法については設定レベルが、1または2までしかないものもあります。

ー参考ーレベルに対応する技術(試験内容として課している)項目

レベル1 技術者

NDT 指示書に従って、レベル2 又はレベル3 技術者の監督のもとで、次のNDT 作業を実施する以下の能力を有するもの
(1)NDT 機器の調整
(2)NDT の実施
(3)文書化された判定基準に従ったNDT 結果の記録及び分類
(4)NDT 結果の報告

レベル2 技術者

確立されている、又は認可されているNDT 手順書に従ってNDT 作業を実施したり指示する以下の能力を有するもの
(1)NDT 方法の適用限界の判断
(2)NDT コード、NDT 規格、NDT 仕様書及びNDT 手順を実際の作業条件に適した実行可能なNDT 指示書への書き換え
(3)NDT 機器の調整と校正
(4)NDT 作業の実施及び監督
(5)適用されるコード、規格及びNDT 仕様書に従ったNDT 結果の解釈と評価
(6)NDT 指示書の作成
(7)レベル1 技術者の職務の実施及び監督
(8)レベル2 より下の技術者の訓練及び指導
(9)NDT 結果のとりまとめと報告

レベル3 技術者

NDT に精通し、すべてのNDT 作業を実施したり指示する以下の能力を有するもの
(1)NDT 設備と職員についての管理及び責任
(2)NDT 技法及びNDT 手順の確立及び認可
(3)コード、規格、NDT 仕様書及びNDT 手順の解釈
(4)特定のNDT 作業に対して使用しなければならないNDT 方法、NDT 技法及びNDT 手順の指定
(5)現行のコード、規格及びNDT 仕様書によるNDT 結果の解釈と評価
(6)認証機関から認可された場合には、資格試験の管理
(7)レベル1 及びレベル2 技術者の職務の実施及び監督
(8)他に判定基準が存在しない場合には、合否基準の確立を補佐できるように、適用する材料、製造及び製品技術についての実用的な基礎知識
(9)他のNDT 方法に関する一般的な知識
(10)レベル3 より下の技術者を訓練及び指導

ページトップへ