70th

機関誌「非破壊検査」

「非破壊検査」第13巻総目次 −詳細−

巻頭言

会長就任に当って 川田雄一 13-1.2

 

総  説

1963年度の放射線這過検査の展望 駒井喜雄 13-3.149
1963年度の超音波検査の展望 広根徳太郎 13-3.152
1963年度におげる電磁気および浸透探傷法の展望 中村林二郎 13-3.154
1962年度ひずみ測定の展望 大井光四郎 13-3.157

 

論  文

電子写真方式直記ンコーダーについて(エピコーダー) 相田一郎 13-2.87
溶接部プローホールの超音波斜角探傷について 伊藤悌二,熊谷守浩,小島舟三,西武史,林覚 13-3.160
新しい工業用X線の線質表示方法に伴う遮蔽計算法について 丸山隆司 13-4.197
うず電流検査コイルの性能表示法に関する一考察 小野邦郎 13-4.203
板波用探触子の長手方向指向性による多重姿態励振 尾上守夫,山田博章 13-5.255
温水が流動する管に生ずる熱応力の測定 小泉尭,谷脇力,中原一郎 13-5.260
単一パルス状応力波通過による材料の残留ひずみ 茶谷明義,中原一郎 13-5.265
鉛箔増感紙による放射線透過写真上に現われる像について 三好滋 13-6.299
板波の減巾曲線の多重伝播姿態による波打ちについて 尾上守夫,山田博章 13-6.308
丸棒の超音波減衰定数の底面エコーによる測定法 木村勝美 13-6.312
録磁探傷の特性と電縫管への応用(2) 泉山英治 13-6.320

 

資  料

第4回国際非砿壊試験会議に出席して 木原博 13-1.3
国際会議の運営概要と英国の関係団体 中村林二郎 13-1.4
Session 1.実用化の研究例 富士岳 13-1.7
Session 2.ラジオグラフイー 永見初太郎 13-1.10
Session 3.ラジオグラフィー続き 小林昌敏 13-1.13
Session 4.超音波発展と特殊な利用例 魚住捨清 13-1.16
Session 5.超音波一工学利用 中村正久 13-1.25
Session 6.超音波一工学利用続き 青木宏一 13-1.28
Session 7.高圧用部品の非破壊検査 小田尚輝 13-1.32
Session 8.その他の非破壊検査の技術と実際 赤沢雄二 13-1.37
Session 9.その他の非破壊検査の技術と実際続き 本山盛太郎 13-1.41
English Midlandsの見学旅行 本山盛太郎 13-1.43
団体見学旅行 富士岳 13-1.46
日本鍛鋼会EEC諸国視察団見学要項 中村正久 13-1.49
米国N.D.T報告 市川済 13-1.51
電離放射線障害防止規則改正について 13-2.94
第8回ヨーロッパ工作機械見本市に出品されたフェルスター博士
研究所の電磁気的検査機器
13-3.166

 

解  説

原子炉に関する非破壊検査の問題点 佐藤雅幸 13-3.170
欠陥の位置の測定法 三好滋 13-3.176
国際放射線防護委員会(ICRP)とその勧告 伊沢正実 13-7.339
放射線障害防止法について 石川友清 13-7.344
放射線障害防止 山崎柳太郎 13-7.348
放射線取扱主任者のための国家試験 浜田達ニ 13-7.353

 

文献紹介

文献紹介 13-2.112,13-3.182,13-4.210,13-5.271,13-6.324,13-7.357

 

文献リスト

           
1962年文献リスト 13-2.113
1962年文献リスト補遺 13-4.215
1963年文献リスト 13-5.277
1963年文献リスト続き 13-7.364

 

講演概要

 
昭和39年度春期大会講演概要 13-1.52
昭和39年度秋期大会講演概要 13-4.223

 

新刊紹介

 
電離放射線障害防止規則の解説 13-3.189

 

口  絵

航空字宙技術研究所の熱弾性試験装置 13-2.86
磁極に附着した磁粉毛 13-3.148
スパイラル溶接鋼管の超音波探傷装置 13-4.196
鋳鋼品のX線透過撮影におけるX線遮蔽液の利用 13-5.254
中性子ラジオグラフ 13-6.298
新幹線超音波レール探傷車 13-7.338

 

小委員会報告

 
小委員会報告 13-3.188

 

     
1か月半年年間

<<2022年08月>>

    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • 6
    • 7
    • 8
    • 9
    • 10
    • 11
    • 12
    • 13
    • 14
    • 15
    • 16
    • 17
    • 18
    • 19
    • 20
    • 21
    • 22
    • 23
    • 24
    • 25
    • 26
    • 27
    • 28
    • 29
    • 30
    • 31
1か月半年年間

<<2022年07月~2022年12月>>

1か月半年年間