1. ホーム
  2. 非破壊検査とは
  3. 部門・研究会
  4. 支部情報
  5. 関連リンク
  6. 協会案内図(map)

ホーム > 資格試験

資格試験

認証事業本部からのお知らせ

2015年5月11日   JIS Z 2305非破壊試験技術者資格試験ページの更新についてNEW
              JIS Z 2305:2001からJIS Z 2305:2013の制度案内に切り替わりました。
              受験期や資格証明書の有効期限により制度の適用が異なりますのでご注意ください。
              [掲載準備中]については、準備が出来次第、掲載を行います。

2015年5月8日   2015年春期二次試験結果発表についてNEW
              <JIS Z 2305> ・合格者一覧「速報」ホームページ掲載日2015年7月7日(火)【予定】
                          ・結果通知発送(郵送)2015年7月14日(火)【予定】
                          ※2015年7月19日(日)になっても届かない場合、2015年7月24日(金)までに認証事業部へご連絡ください。

              <NDIS 0604及びNDIS 0605> ・合格者一覧「速報」ホームページ掲載は行いません。
                                   ・結果通知発送(郵送)2015年7月14日(火)【予定】
                                    ※2015年7月19日(日)になっても届かない場合、2015年7月24日(金)までに認証事業部へご連絡ください。

2015年4月15日  2015年6月 資格継続調査の実施についてNEW
             ・下記資格を保有している方を対象に資格継続調査(更新及び再認証※)を実施します。
                有効期限が2015年9月30日のJIS Z 2305資格 (※再認証の場合は再認証試験合格者が対象)
             ・連絡先(送付先)が変更になっている方は、5月13日(水)までに変更手続きをお願いします。
                →個人データ変更届
                →登録情報(連絡先)の更新について
             ・資格継続調査票送付予定:2015年5月25日(月)
             ・資格継続調査票提出期限:2015年6月19日(金)必着

2015年4月8日   <JIS Z 2305・NDIS 0604及びNDIS 0605 二次試験受験者共通の注意事項>
              @結果通知及び二次試験案内(郵送)でJSNDIから指定された試験日時及び試験会場の変更はできません。
               予めご了承願います。
              A一度申し込まれた受験申請については、自己都合により受験できない場合も、
               受験料返金及び試験日の延期・変更は認められませんのでご注意ください。

2014年9月24日   2015 年春期試験にて限定NDT 方法(MC1、PW1)新規試験を終了する件(更新)PDF [PDF]

2014年7月9日    PED サプリメント試験中止のお知らせ PDF [PDF]

2014年6月26日   「JIS Z 2305:2013に基づく認証制度のお知らせ」ページについて
             JIS Z 2305:2013に基づく認証制度の準備状況や決定内容等をお知らせするページを開設しました。

非破壊試験技術者とその認証制度の国際化

非破壊試験の試験結果の精度は、非破壊試験技術者の技量に大きく左右されます。
同一の規格、同一の手順書に従って行う検査であれば、誰が行っても、何度行っても同じ結果、同じ評価が得られなければなりません。
そのため、非破壊試験技術者の技術レベルを一定にしておく必要があり、その要求から国内においては、一般社団法人 日本非破壊検査協会が非破壊検査技量認定規程(NDIS 0601)によって、技術者の技量認定試験を実施し、技術者の技量認定を行ってきました。
一方、世界各国で実施されている非破壊試験技術者に対する技量認定制度を国際規格(ISO 9712)をもとに国際整合化をしていく動きがあり、日本非破壊検査協会でも日本非破壊検査協会規格(NDIS J001:ISO 9712)に基づいた認証制度を1998年から実施しておりましたが、JIS Z 2305の制定に伴い、認定制度(NDIS 0601)、認証制度(NDIS J001)をJIS Z 2305に基づく認証制度へ融合一元化して、2003年度より実施しています。

ページトップへ